カテゴリー
未分類

家に求めたのは「安心感」です

私が家を建てる時に求めたのは「安心感」でした。「その家に一生住める」という安心感が、その一つです。持ち家を手に入れることで、その土地で暮らせる権利を手に入れられるという安心感です。次に「好きな場所に帰れる」という安心感も手に入れたいと思いました。仕事が大変な時でも、家が大好きな場所なら安心感があります。仕事を終えれば好きな場所でゆっくり過ごせると思えば、辛い時期も乗り越えられると感じました。また「資産を手にしている」という安心感も欲しいと思いました。いざという時は、家を売却することでまとまったお金を手に入れることができます。将来の自分の経済力が不透明な中、資産を手にすることは安心感につながるだろうと思いました。実際に一戸建ての家を購入して、思い描いていたような安心感があります。仕事をしていても、辛いことがあっても、「家があるから大丈夫」と思えるようになりました。私は家を購入すると同時に、安心感も手に入れたのだと思います。