カテゴリー
未分類

住宅の費用は建物本体だけではない

住宅を作るなら、もちろん費用はかかります。物件によっては、合計3,000万円以上になるケースもあります。お金がかかるだけに、節約したいと考えている方も少なくありません。
ところで費用が気になる時は、住宅の本体価格だけに注目しない方が良いでしょう。木造一戸建ての住宅を作るなら、別途で費用がかかるケースが多いからです。
例えば住宅会社に見積もりを依頼してみたところ、建物本体の価格は2,500万円だと伝えられました。ここで注意すべきなのは、2,500万円は「総額」ではありません。さらに別の費用が加算される可能性は、大いにあるのです。
一般的には、建物の本体部分は70%程度であると言われています。つまりトータル額が3,000万円の物件の場合、建物本体は2,100万円程度に過ぎないのです。その他にも工事費用などが別途で加算されますから、結局は3,000万円ぐらいになるケースもあります。
その辺りは、やはり住宅の見積もりを取る際に確認してみると良いでしょう。「総額」で何円になるか確認しておけば、予算オーバーを防ぎやすくなります。